高級住宅街で一際目を引くプロテスタント教会! 安藤記念教会

東京の六本木のすぐ隣に位置する元麻布は都内を代表する高級住宅街です。
有栖川記念公園から麻布十番へ抜ける途中は高台になっていて、閑静な空気に包まれた高級住宅街の中でも一際目を引く大谷石とステンドグラスの礼拝堂が現れます。

大正時代、関東大震災前に建てられ、今もその姿をとどめている数少ない教会建築が安藤記念教会です。

1918年(大正7年)に安藤太郎が、文子夫人の遺志をつぎ、自宅を日本メソジスト銀座教会安藤記念講義所として献げたのが始まりとされる安藤記念教会は、メソジストの伝統をもつプロテスタントの教会です。

創立者である安藤太郎は、函館戦争で榎本武揚に従軍しました。
その後 明治政府の大蔵省、外務省に登用された人物です。

1886年(明治19年)には初代ハワイ総領事に就任します。
このハワイでキリスト教と出会います。文子夫人とともに洗礼を受けるに至ったのです。

この教会のシンボルともいえる礼拝堂は、東京都歴史的建物No.65として選定されています。
1917年(大正6年)9月に献堂式を行ったもので、貴重な建築物です。
大谷石を使った建物で、通り沿いには、ステンドグラスをはめこんだポインテッドアーチが見え、タワー部分が設けられています。

この礼拝堂を設計したのは吉武長一で、彼はペンシルバニア・テクニカルカレッジで建築を学んだ人物です。関東大震災で焼失した銀座教会の設計も手がけた建築家です。

ステンドグラスは小川三知の製作によるものです。礼拝堂後方の大きなステンドグラスには「ハワイ初回受洗者」を記念する文字が和英両方で書かれています。
このステンドグラスも緑色を主調としながら、赤を要所に用いた作品で、とても貴重な価値があります。

各国の大使館が多いエリアでもあり、異国情緒もある元麻布の地には、何とも似合った風景の一部となっています。
ヌミノーゼ巡礼としても、キリスト教の美術的価値のある教会を目にすることで、それだけで何かに包まれた感覚を覚えることがあります。
これが「場」を形成するエネルギーなのかもしれません。

神社や仏教寺院とは異なる荘厳さが教会を存分に感じられます。

東京都港区元麻布2丁目14−16

オットー・ヤーパン

投稿者プロフィール

ヌミノーゼ巡礼管理人兼巡礼者。
弘法大師入唐求法1200年を契機として、世界各国の様々な聖地に赴き、そこでのヌミノーゼ体験によりこのページを開設。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。